Read Article

誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ『孤独のグルメ』



孤独のグルメSeason6のドラマが今日から放送されるみたいですね!
漫画のゴローちゃんの顔に馴染んでいたのでドラマ版は最初どうかな~と思っていましたが、見てみたらめっちゃよく食べるし、俳優の松重豊さんすげえ!ってなりましたね。
深夜の飯テロ枠として今期も楽しみですね。

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

作品名孤独のグルメ
作者谷口ジロー(作画)久住昌之(原作)
掲載誌月刊PANJA

あらすじ


時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、「自由」になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の『癒し』と言えるのである。


感想


井之頭五郎という個人経営の輸入雑貨屋を営む中年男性が、商談で行った先の土地で目に入った料理屋へ入り、一人で食べる。
ただそれだけと言ってしまえばそうなんですが、この主人公・井之頭五郎が街並みや行きかう人々、入った店をシニカルに評しながらご飯を食べる姿は静かに面白いです。
ただメシを食べるというだけじゃなく、行った町の様子だとか店の雰囲気、客同士の会話などがローカルの空気感を出していてそれぞれのストーリーに味を出しているところもいいですね。
孤独とは言いますが、どちらかというと孤高という感じがします。世間からはじき出された果ての食事というよりは、自らが食事に対面したいが故の孤独というような。

ドラマから入った人は意外に思うかもしれませんが、漫画の井之頭五郎は極めて自己中心的な性格な気がします。
個人で商談をまとめるにしても人付き合いが好きではなさそうだし、行列ができていたり客が多い店に入るのをためらったり、店に入ったら入ったで客や店員を皮肉ぽく見たりするので、ドラマ派からしたらそのギャップに驚くかもしれません。
しかし、一転して料理に対する感想は素直においしい!とかうまい!とかストレートな評価を下している気がします。

セリフ回しも独特で、シュールな独り言とモノローグが頭に引っかかるようなものが多いです。
熱された網の前で一人で忙しく焼き肉を食べながら「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」とか、自販機でチェリオのメロンソーダをのんで「このワザとらしいメロン味!」と舌鼓を打ったり、公園で一人カツサンドをほおばりながら「ソースの味って男のコだよな」など中年のおじさんの内心の一言にクスっとさせられます。

登場する店は実際にある


なんと登場する店や料理などは実際にあるものです。それはドラマに出てくる店舗もそうで、放映された後は行列ができる店になってしまうほどだといいます。ですが、漫画版に出てきた店はすでになくなってしまっていたり、メニューがなくなっていたりするそうです。そもそも漫画の第一巻の初版が1997年なのでそれも当然と言えるでしょうね、残念ですが。

あのアームロックのお店も実際あるそうですが、ググってみるともう当時の店長ははるか昔にやめているそうで今は面白半分でアームロックしないのかなどという客に迷惑すらしているというような記事が出てきたので冷やかしに行くのはやめましょうね。お客さんとしてなら大歓迎でしょう。

井之頭五郎は居酒屋にも入りますが、下戸だといって酒を全く飲まないでおつまみと白米を食べまくってるのもなんとなくいいですね。喫煙者なのですぱすぱタバコは吸いますが。
自分もあまりお酒は飲めないのですが、友達について行って居酒屋のご飯を食べるのは好きです。味が濃くて癖になるようなのが多いですよね。

こんな人におすすめ


ドラマの孤独のグルメシリーズを見ている人は原作はこんな感じなのか!と読んでギャップを楽しめると思います。
さらに言うと2巻より1巻のほうがより「らしさ」が窺えていいです。
2巻は若干今風になってしまったというか、あの90年代の雰囲気がよかったところとか、ちょっとセリフがクドく感じてしまうところもしばしば・・・なので1巻がおすすめですね。
また、よくネットでも見かけるアームロックのシーンもどんな経緯でかけられたのか、どんな展開からあの名言、
「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか 救われてなきゃあ ダメなんだ 独りで静かで 豊かで・・・」が出てくるのかをぜひ目にしてほしいです(笑)

まとめ


漫画を描いている谷口ジローさんが今年に入って亡くなられてしまったので、続きが読めないことが残念でなりません。
原作者の久住さんはドラマの度にお酒をうれしそうに飲んでいるのでまだまだ元気そうですが。
たまに古い漫画を読むとその時代の世相というか、どんな世の中だったのかなど街の空気に触れることができる気がして面白いです。
そういう意味ではこち亀なんかは時事ネタを多く扱っているし時代の移り変わりが見えて面白いだろうなあと思います。(実は読んだことがない)

ドラマは今シーズンで6期を迎えますが、Amazonプライム会員だとAmazonビデオで過去のバックナンバーを全部見られますのですぐに追いつけますね。追いつくストーリーとかはないんですけど、作業中になんとなく流してみたりするだけでもおなかがすいてきます(笑)


Return Top