Read Article

生きるために龍を食う!空を旅する飛空艇の旅。『空挺ドラゴンズ』



またです。また飯を食う漫画の紹介をします。
本屋で表紙を見て買ったので本当に中身を知らなかったんです、たまたま龍を食べるという要素がメインだっただけで!
というわけで、『空挺ドラゴンズ』を紹介します。

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)

作品名空挺ドラゴンズ
作者桑原太矩
掲載誌アフタヌーンコミックス

あらすじ


喰いてえ龍(ドラゴン)!

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。
大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。
でも、失敗したらもちろんお陀仏。

空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!


ストーリーと感想


空を飛ぶ竜を狩ることを生業とする龍捕り(おろちとり)の生活を描いた物語です。
狩りがテーマなので言っていたりやっていたりすることは割と常識的というかよくある感じではありますが、やはり龍!そして飛空艇!というファンタジー要素がいいですね・・・
まあ読む人によってはジブリを感じちゃったりするかなと思うところもなくはないですが、僕はこれはこれでいいと思っています。
これくらいでパクリとか言ってるようじゃ似たようなジャンルは死滅してなにも面白いものがなくなっちゃいますよ。

主人公のミカ(おじさん)は龍を捕るのも解体するのも食べるのも好きという龍フリークですが、その龍捕りのセンスは作中でも随一です。
モンハンとかで育った世代なので楽しそうに狩りをしている彼を見るとどこかワクワクした気持ちになりますね。
風景や狩りの様子などを描くのが上手いというか、人物と龍のスケールの違いを感じ取りやすいので、やっぱりファンタジーの狩りはこのくらい規格外じゃないと!とか思ってしまいます(笑)

狩った龍は食べる!


もちろん狩った後の龍は解体し、料理されます。なので頻繁に龍を調理したシーンや話の間に龍肉のレシピなどが出てきます。
龍肉以外では香辛料やハーブ、調味料が現実にあるものなので実際に「龍肉風」でご家庭で再現も可能でしょうね!
龍のフォルムというか種類も多彩で、見た目もそれぞれ大きく違うのでもちろん味も違うのでしょう。
それによって調理法も変わってきたりして、読んでると牛肉食べたくなりますね!ステーキ!

龍と人々の関係


龍はただ狩り狩られるだけではなく、生活に必要な油の供給源であったり、それにまつわる特殊な職業があったりと物語の設定にも広がりがあるのがいいですね。
船のクルーが序盤からかなり名前付きで出てきているので、まだまだキャラクターの掘り下げがいっぱいあると思うのでこれからの展開も楽しみです。
料理についても日本でも地方によってみそ汁の出汁や味噌が違うように、作中の料理でも旅を繰り返している龍捕りの人々もそれぞれ「自分の家の味」みたいなのがあるのが面白かったです。

こんな人におすすめ


戦闘の臨場感や街や船の雰囲気や空気感がとてもいいのでファンタジーの空気に浸れる人におすすめです。
ジブリとかダンジョン飯が好きなら気に入ること請け合いかなと思います。
「龍の巣だぁ~!」みたいなシーンもありましたしね(笑)
キャラクターの書き分けもちゃんとできていて誰だっけこいつみたいなこともないので漫画を読みなれていない人でも読みやすいかと。

まとめ


後から知ったのですが、漫画大賞という賞にもノミネートされていたんですね。
まああんまりこの漫画がすごいとかおもしろいみたいなやつは見ないんですが、読んでる漫画がノミネートされているのを見ると自分も大衆とさして嗜好に変わりがないんだななんて思います(笑)

主人公が龍を見てまっさきにいう言葉が「うまそう!」なのも気に入っています(笑)
日本人も新種とか珍しい魚介類を見て「食えるの?」っていう、その感覚に近いものを感じますよね。

空挺ドラゴンズ/桑原太矩 Flight 1 クィン・ザザ (1/2) - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

冒頭部分はこちらから試し読みもできますよ!

Return Top