Read Article

一度はあきらめた夢に再挑戦!宇宙を目指す兄弟の物語『宇宙兄弟』



先日見たニュースで、月には地下空洞が複数あってかなりの大きさのものも確認されたそうですね。
いつか月に旅行に行けるような日が来るのでしょうか、楽しみですね。

勝手に月の土地を売ったり買ったりしている人はどうなるんでしょうね!(笑)

そんなわけで今回は「宇宙兄弟」を紹介します。

宇宙兄弟(1) (モーニング KC)

作品名宇宙兄弟
作者小山宙哉
掲載誌モーニング KC

あらすじ


2025年、NASAは日本人宇宙飛行士・南波ヒビトを含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表。時を同じくして日本では、自動車の設計をしていた南波ムッタが会社をクビに。大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。しかしそれぞれの未来が、幼少時代に交したある約束によって、動き出そうとしていた。

幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる。


感想・ストーリー


宇宙兄弟は子供のころから宇宙飛行士になるという夢を持っていた兄弟が大人になってからまた夢に向かって挑戦を始める物語です。
様々ないきさつがあってヒビトはムッタよりも先にNASAへと入り、宇宙飛行士になりました。
兄のムッタはヒビトに刺激され、一度はあきらめた宇宙飛行士になるためにJAXAの宇宙飛行士の募集へ応募をして、幼いころにヒビトと約束した月へ行くという夢に向かっていくというストーリーです。

やっぱり宇宙がテーマの作品はワクワク感がありますね。深海などもそうですが、人の手が入っていない場所や環境は未知のものがたくさんあってフロンティア精神が刺激されます。
とくべつ宇宙に詳しくもないですが子供の頃に宇宙兄弟を読んでいたら理科に興味を持つかもしれませんね、僕がスラムダンクを読んでバスケットを始めたように!(笑)

登場キャラクターが暖かい


宇宙兄弟はいつ読み直してもいい話だなーとなるような話ばかりなので、基本的に嫌な奴とか悪意しかないキャラクターはストーリーに関わってこないのがいいです。心が苦しくならずに読んでいけます。

もちろん漫画なのでご都合主義というようなところはあるのでしょうが、一つの目標に向かってチームで取り組むというシーンが多いので、お互いを尊重しあったりするのがそうさせる理由なのかなとも思います。
ただちょっとキャラクターごとの掘り下げをすべてのキャラクターにやっていくと、次の話の展開までにとんでもなく長くなっちゃいそうな気もします(笑)

様々な面白い発想


月にある塵で望遠鏡を作ったり、ムッタが自動車メーカーで働いていた経験から発想した物など、なるほどという気付きを得られることが多いです。
ちゃんと伏線というか設定を回収していたり、素人目からは作者の出すアイデアには不自然さが特に見当たらないのが素直にすごいと感じます。

成功ありきのストーリーを考えているといわれてしまえばそうかもしれませんが、登場するフィクションとノンフィクションの見極めが難しいところが上手く溶け込ませているなと感心します。

まとめ


宇宙兄弟は学校で友達におすすめされてハマってしまいましたね・・・
その後、日曜の朝アニメになり当時の最新刊近くまで一気に追い付いてきたので、いったんアニメは終わってしまいました。

たしか、丁度ヒビトがロシアにわたって心機一転!というようなところだったので、アニメしか見てない人はヒビトはどうなってしまうんだと思わず漫画を買ってしまったかもしれませんね、商売上手~(笑)

アニメのOPには僕の推しバンドのtacicaの「HALO」も使われていて、なおさら宇宙兄弟のアニメは気に入っています。
まだまだ終わりそうにありませんが、ゆくゆくはムッタとヒビトは月で会うことができるのでしょうか、32巻は11月22日発売です。

宇宙兄弟(1) (モーニング KC)
小山 宙哉
講談社 (2008-03-21)
売り上げランキング: 39,339


Return Top